災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:高齢者偏
災害時に避難所で高齢者の看護にあたられる皆様へ
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

呼吸器感染症の発症


 避難所は換気が十分できず、集団生活を余儀なくされるため、呼吸器感染症が蔓延しやすい環境です。また、高齢者は、感染抵抗力・予備力が低下しており、風邪やインフルエンザに罹患しやすく、容易に「避難所肺炎」を起こして重篤な状況になる恐れがあります。

  そのため、高齢者への呼吸器感染の予防対策や、肺炎の早期発見と治療が求められます。


アセスメント


1. 全身状態:バイタルサイン、咳、痰、鼻汁、発熱の有無の観察

2. 呼吸器感染症状の観察
インフルエンザ;比較的急速に発症する38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、咽頭痛、鼻汁、咳 等

※高齢者の場合、症状が顕著でないことがあるので注意する


3. 避難所環境:室温、湿度、換気状態等
吸器感染症の発症


対処方法


1. 風邪症候群とインフルエンザの予防

1)

うがい、手指消毒の必要性について説明し、実施の指導・介助を行う


2) 必要時、啓発チラシ・パンフレットなどを活用する

3)

必要物品の確保と供給:うがい薬、手指消毒薬、マスク等


4)

避難所内の換気と湿度の確保を行う


5) 必要時、暖房用具の確保と供給を行う(冬季)

6) インフルエンザの発生が予測される場合、ワクチンを確保して予防接種が行えるようにする
 

2. 風邪症候群に罹患したら

1) 安静、保温のできる環境を確保する

2) 水分補給を十分行う

3) 栄養価が高く食べやすい食事の提供を行う(「食事について」参照)
   
4) 避難所から一時的に退避させることも考慮する

3. インフルエンザに罹患したら

1) 解熱剤等の確保と与薬を行い、できるだけ早く医療機関に入院できるように対応する

2)

治療後に避難所へ戻る場合に、再度罹患する危険性のある高齢者は、介護保険施設等での緊急ショートステイの利用を検討する

対処方法





命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル 高齢者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.