災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:高齢者偏
災害時に避難所で高齢者の看護にあたられる皆様へ
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

清潔について


災害によってライフラインが断たれると、トイレでの水の使用や入浴が困難となり、不衛生状態になりやすくなります。特に身体機能に障害を持つ高齢者は、障害者用の入浴設備がないことや介護者がいないなどの原因で、長期間入浴が出来ないことが多く、身体の清潔が保たれにくくなります。避難所での感染症を予防するためにも、清潔保持の援助は重要となります。

アセスメント


1. 口腔:口臭、歯の状態、含嗽や歯磨の状況、義歯洗浄状況など
   
2. 皮膚:汚染、乾燥など
   
3. 陰部:掻痒感、不快感など
   
4. 更衣や清潔に関するセルフケア状況
   
5. 洗面、清拭、入浴を行う場所
 
衛生面の問題

対処方法


1. 保清用品の確保と提供

1) 歯磨き粉、歯ブラシ
   
2) 洗面用品
   
3) 清拭用品
(清拭剤、ウェットティッシュ、ドライシャンプー等)
   
2. 下着(簡易・使い捨て型を含む)、衣類、オムツ・パット類の確保と提供
※下着や衣類は高齢者に適したものを提供するよう配慮する
   
3. 手指消毒の励行(「食中毒・感染性胃腸炎の発生」参照)
   
4. 清拭できる場所を確保し提供する
(個室がなければ段ボールやついたてなどを活用して仕切られたスペースを作る)
   
5. 援助が必要な場合は、清拭・部分浴などの清潔援助を実施する(お湯・水の確保が出来れば)
   
6. 入浴や清拭を拒否する場合は、トイレの際に清浄綿を私、陰部清拭をするように指導する
   
7. 入浴が安全にできるように留意する

1) 滑り止めマットの使用を促す
   
2) なるべく複数で入浴するよう促す
   
3) 高齢者に適した入浴設備のある入浴サービス(近隣の保険・福祉施設・保養書・旅館など)を利用できるようにする
※送迎も手配する
   
4) 避難所生活が長期化する場合には、避難所外の銭湯等に連れ出すことも考慮する
   
8. 歯磨きや入れ歯の手入れが行えているか確認し、声かけをする
   
9. 洗濯場の設置を行う

 
対処方法







命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル 高齢者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.