災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:高齢者偏
災害後に仮設住宅で高齢者の看護にあたられる皆様へ
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

認知症高齢者の増加について


 被災による心身の疲労や体調の変化、避難所生活から仮設住宅へと長期化する避難生活は、認知症高齢者の増加や症状の増悪にも影響します。そのため、以下のような目配りをすることが重要です。


認知症のアセスメント


1. 認知機能:記憶障害、見当識障害、判断力障害憎悪の有無
   
2. 行動障害:幻覚、妄想、徘徊、不潔行為、異食
   
3. 身体機能:バイタルサイン、脱水、便秘、失禁、疼痛の有無

4. ADL

1) 食事への関心や集中力の有無、拒食、過食の有無

2) 排泄状況全般、排泄方法の認識や不潔行為の有無

3) 清潔、整容への関心の有無、清潔動作自立の有無

4) 自発的な発言や意思表示、対人交流の有無

上記1〜4の項目で問題が生じている場合は、認知症状の増悪や症状の顕在化が考えられるため、以下の対処が望まれます。
認知症のアセスメント

認知症高齢者への対処方法


1. 可能な限り生活リズムをつけると共に、落ち着ける環境をととのえる

2. 「認知症アセスメント」1〜4を行い、「家族及び介護者のサポート」の有無、「仮設住宅での生活が可能か」という点を検討する

3. 「家族・介護者」のサポートを得て「仮設住宅生活」が可能な場合は、認知症介護のポイントを指導する

(例)(1) 日常生活で「できること」を家族・介護者が共に行うようにする

(2) 規則正しい生活リズムづくりを心がける

(3) 買い物や散歩など、仮設住居外に出向く機会を持ち、閉じこもりを防止する

4. 認知症高齢者の状況に応じ、近隣住民に理解と協力を得られるように調整する

5. 「仮設住宅生活」が不可能な場合は、保健師、福祉関係者、介護支援相談員等とミーティングを行い、介護保険施設への緊急ショートステイを検討する

認知症高齢者への対処方法




命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル 高齢者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.