災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:高齢者偏
災害後に仮設住宅で高齢者の看護にあたられる皆様へ
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

メンタルヘルスについて


 高齢者にとって、災害とは、家や土地をなくすことによりこれまでの人生の一部を失ったような喪失感をもたらす体験であり、心身に様々な影響をもたらします。
  そのため 避難所から仮設住宅に生活の場を移し、避難生活が長期化することは、不眠や肩こり、倦怠感、頭痛というストレス関連症状を引き起こし、持病として持っている慢性疾患を増悪させる可能性があります。また、「周囲から取り残されていく」、「生活の楽しみや生きがいが無い」、「被災後の片づけがうまく進まない」など、新しい生活へ順応できないことへの不安や焦りが生じたり、希望も失いがちになります。
 さらには、被災から時間的な経過や生活場所の移動を経て、「被災時のことは思い出せない」、「なるべく人と関わりたくない」など、PTSD(Post Traumatic Stress Disorder(心的外傷後ストレス障害))やPTSDの前駆症状と思われる状況に陥っていることがあります。先行きの見えない避難生活が続く中、これらの症状については十分な観察と対処が重要です。


精神的ストレス、希望を失うことに関するアセスメント


1. 精神状態(不安・焦燥、苛立ち、怒り、鬱的傾向など)悪化の有無
   
2. 睡眠状態(不眠、熟睡感、入眠困難、途中覚醒など)悪化の有無
   
3. 身体症状(血圧上昇、血糖値の上昇、消化器症状、肩こり、倦怠感、頭痛など)悪化の有無
   
4. 生活状態(仮設住宅の生活環境(騒音など)、周囲との人間関係など)
   
5. ストレスをためていないか
   
6. アルコールを常飲している様子がないか

精神的ストレス、希望を失うことに関する対処方法


1. 巡回形式を含めた「健康相談」を定期的に実施して上記アセスメントを行い、精神状態や睡眠状況、身体症状の増悪の有無について把握する
   
2. 可能な限りゆっくりと話を聞ける場所を確保し、傾聴の姿勢で接する
   
3. 心身の状況に問題が生じていれば、メンタルケアの専門家の受診・往診を紹介する。または本人の了解のもとに手配をする
   
4. 睡眠障害に対しては、その阻害要因を検討・除去した上で、安眠グッズ(耳栓など)の紹介や医療機関受診を調整・介入する
 
精神的ストレス、希望を失うことに関する対処方法


PTSDの発症及びPTSDの前駆症状に対するアセスメント


※先の「精神的ストレスや今後の生活への希望喪失へのアセスメント」に以下のことを加えてアセスメントを行う。

1. 仮設住宅を巡回しながら定期的な相談の場を持ち、高齢者の心身の状態全般について把握する
   
2. PTSD及びその前駆症状の早期発見ににつとめる(被災のことを思い出すと涙が止まらない、被災のことを思い出せない、人と関わりたくない、など)
   
3. 仮設住宅における友人や対人関係でのストレス、他者との交流の有無について把握しておく


PTSDの発症及びPTSDの前駆症状に対する対処方法


1. PTSD及びその前駆症状の徴候がある場合は、早急に精神科医やメンタルケアの専門家(臨床心理士、カウンセラー等)の受診・往診について紹介する。または本人の了解のもとに手配をする
   
2. 可能な限りコミュニケーションをとる機会を持ち、信頼関係を築けるようにつとめる
   
3. 定期的な相談会を実施し、状況に応じて定期的にカウンセリングを勧める
   
4. 仮設住宅内で、「お食事会」、「茶話会」などグループで集えるレクリエーションを企画する
   
5. 仮設住宅に巡回する看護師は、可能な限り同じケースに継続的に関わる
 
PTSDの発症及びPTSDの前駆症状に対する対処方法






命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル 高齢者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.