災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:高齢者偏
災害後に仮設住宅で高齢者の看護にあたられる皆様へ
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

高齢者に見られる「閉じこもり」、「孤独死」について


 被災し、生活の場や近親者、知人を失った高齢者は、健康管理の側面から優先的に仮設住宅に入居するケースがよく見られます。しかし、元来の生活基盤や近親者から遠く離れた結果、買い物や受診以外、ほとんど家の中で過ごすことが多くなり、周囲との交流を持とうとしない高齢者では、閉じこもりや自殺や仮設住宅内での孤独死を引き起こす可能性があります。
 これらに対しては、高齢者の生活状況や社会的交流を把握し、ソーシャルサポートの不足があれば補って閉じこもりを防ぎ、仮設住宅での孤独死を予防していくことが重要です。


閉じこもり・孤独死を防ぐためのアセスメント


1. 仮設住宅に居住している高齢者(高齢夫婦世帯、独居、特に男性の単身者)について把握する

   
2. ADL、IADL、心身の状態
  例:外出が可能か、受診行動がとれているか、交通機関をどのように利用できるか
   
3. 認知機能
   
4. 近親者や知人、近隣住民との交流状況の頻度や有無、頻度

高齢者に見られる「閉じこもり」、「孤独死」について

閉じこもり、孤独死の発見につながる観察点


新聞がたまっている
   

選択物が干されていない、または干したままである
   
電気がつけたまま、または消したままである
 

閉じこもり・孤独死を防ぐための対処方法


1. 訪問健康相談、ボランティア訪問等による継続的訪問を行う

2. 必要に応じて、行政、福祉機関、介護保険施設等との連絡調整を行う

3. 仮設住民全体が参加できるような健康体操会、食事会、茶話会、囲碁将棋大会、季節行事等を企画し、高齢者も含めた住民間の交流を図る

4. 仮設住宅で高齢者が担える役割(花、植物の手入れ、ゴミ当番等)を調整し、活動に参加できるよう働きかける

対処方法


命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル 高齢者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.