災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:高齢者偏
災害時に避難所で高齢者の看護にあたられる皆様へ
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

活動性の低下

 

高齢者は災害による心身への様々な影響が原因となって、容易に活動性の低下が起こります。また避難所の環境は、移動や生活動作に障害を持つ高齢者にとって不自由である場合が多く、そればかりか、被災後の避難が遅れ、避難所の通路や出入り口付近など劣悪な環境に置かれることも多く、活動が制限されます。
さらに被災後は、腰痛や膝痛などの訴えが増加するにもかかわらず、必要な治療やリハビリが継続できなくなる恐れがあります。これらの原因によって活動性が低下し、寝たきりを引き起こす危険性が高くなります。高齢者にとってはADL・IADLを維持し、寝たきりを予防することが、その後のQOLを左右する非常に重要な援助となります。
  活動性の低下
 


災害後、高齢者の活動性を低下させる影響要因


避難所生活では身体を動かすことが少ない

避難の際に杖や自助具を紛失したため

精神的ショックや復旧活動の役に立たない無力感から

周囲への気遣いや、我慢をし過ぎるため
(戦争に比べたらこれぐらい我慢しなくては…)


アセスメント


1. ADL、IADL状況、一日の移動・活動の様子と困難状況

2. 骨・筋・関節系の疾患、症状、機能

3. 災害による骨折や打撲の有無

4. 避難所の環境

アセスメント

対処方法


1. 避難所環境の整備

1) 転倒の危険性に配慮した移動可能な状況に整備する

2) 要援護護高齢者を把握し、専用避難場所を確保する

3) 必要時は行政、医療機関、介護保険機関、福祉機関、ボランティア団体等との連絡調整を行い、要援護高齢者の適切な施設への入院・入所を検討する

2. 疼痛・腫脹などの軽減

3. 自助具・補助具の適切な使用

1) 災害前の自助具・補助具の利用状況の確認

2) 必要な自助具・補助具の確保と配布
  対処方法

4. 身体活動性低下の防止

1) 日々の声かけによる活動の促進(近隣者の協力も含む)

2) 生活にリハビリの要素を取り入れる
(洗面や排泄時の歩行、散歩)

3) 散歩・健康体操などの必要性の説明と促進

5. 精神的活動の低下防止

1) 日々の声かけ

2) 心情の傾聴と受容
  対処方法

6. 医師やリハビリテーションスタッフへの巡回依頼

1) 専門的アセスメントの依頼

2) 定期的巡回による健康相談やリハビリテーションの実施

3) 避難所内で可能なリハビリテーションを確認し、継続できるようにする
  対処方法



命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル 高齢者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.