災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:高齢者偏
災害時に避難所で高齢者の看護にあたられる皆様へ
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

排泄について


避難所の仮設トイレは、高齢者にとって利用しにくい場合が多いため、高齢者はトイレに行くことを懸念し飲水を控え、脱水が生じやすくなります。また、トイレまでが遠い、段差があるなどの場合は、転倒のリスクが高まります。これらの重大な健康問題を引き起こさないための援助が必要となります。


高齢者には適さない排泄環境


トイレまで遠い、段差がある

トイレが暗い


バケツで水を流さなければならない



アセスメント


1. 飲水量、食事摂取量、排泄状態、体温、体液喪失など

2. 排泄についてのADL

3. 避難所の排泄環境

排泄について

対処方法


1. 高齢者に適したトイレの整備について関連機関と検討する

1) 洋式トイレの確保(ポータブルトイレの利用、「置き便器」を使用し和式から洋式便器へ変更)

2) 生活場所の近くにトイレを設置する

3) 段差をなくしたり照明を明るくする

2. 排泄の援助

1) 排泄介助が必要な高齢者の介助方法を検討し実施する

2) 必要な場合、排泄誘導を定期的に行う。家族など周囲の人々へ依頼することも含めて、確実に行えるよう計画する

3. 脱水の予防と早期対処

1) 水分摂取の必要性を説明し、水分補給を援助する

2) 必要時医師と共に脱水症治療を行い、適切な場所への保護を検討する



命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル 高齢者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.