災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:高齢者偏
高齢者に必要な災害への備えと対処
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

ご本人とご家族の方へ-認知症の悪化や「せん妄」発症の危険性-


 災害による心身の疲労や、急激な生活環境の変化は、認知症(痴呆)の症状を増悪させる危険性があります。また、認知症ではなくても「夜中ごそごそ動く」「意識がぼんやりしている」「周囲を錯覚(勘違い)する」など『せん妄』と呼ばれる、一過性の脳機能障害が起こる恐れがあります。
避難所生活においては、「認知症の悪化」や「せん妄の発症」を予防することや、早期に変化に気づくことが大切です。


認知症の悪化やせん妄で見られる注意すべき症状


時間、場所、状況が分からない。 認知症の悪化やせん妄で見られる注意すべき症状
   

もの忘れの症状が見られる

   

夜眠れない、昼と夜が逆転する

   

落ち着かずウロウロする

   

身の回りのことが急に出来なくなる

   

口数や活動量が極端に減った

   
認知症の悪化やせん妄で見られる注意すべき症状


予防と対処方法


声かけや会話を多くして、本人の不安や気がかりに思っていることをよく聞く


混乱・困惑させないように、穏やかな態度で接するようにする


できるだけ今までの生活と同じように、決まった時間に食事をとるなど、規則正しい生活を送る


昼間は日光にあたったり、周辺の散歩や軽い体操などを行って、睡眠リズムを整える


落ち着いた生活環境を整える(周囲と少し離れたスペースをみつけるなど)


予防方法
命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル 高齢者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.