災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
看護ケア方略の開発研究部門:母性看護ケア方略の開発プロジェクト(母性班)のご紹介
母性班のご紹介 ■活動レポート(活動のご報告) 役立ちマニュアル 
アンケートご協力のお願い ■母性班メンバー紹介・連絡先 
災害に対して具体的に備えよう

アンケートご協力のお願い
 私たちは、文部科学省が我が国の大学の研究水準の向上などを図るために推進している21世紀COE(Center of Excellence)プログラム『ユビキタス社会における災害拠点の形成』の一環として、災害時の看護ケアの方法を検討している看護職です。特に、私たちは、妊婦さん、乳児を育てていらっしゃるお母様方や、その方々をケアする看護職の皆さまを対象に、災害に備え、災害時に活用できる看護ケア方法の開発に取り組んでおります。
 これまで、私たちは災害に関する報告書や体験記を分析し、阪神淡路大震災時に看護ケアを提供していた看護職へのインタビュー調査から明らかとなった妊産褥婦の方々のニーズや看護職が提供していたケアをもとに、災害に備え、災害時に活用できるガイドライン(情報ページ)を作成致しました。ホームページに公開しておりますガイドライン(情報ページ)は、災害を体験した方々からの御意見を参考に修正を加えた、第3版となります。今回、この調査にご興味をもたれた皆さまにその内容をお読み頂き、わかりやすさ、見やすさ、さらには、内容が役立つかどうかについて、御意見をお聞かせ頂きたく、調査を行っております。
 今後起こりうる災害に備えるために役立つ情報として、ガイドラインをお読み頂き、是非皆さまのご意見やご感想をお聞かせ頂ければ幸いに存じます。なお、皆さまからのご回答は、平成19年11月30日まで受け付けております。調査へのご協力よろしくお願い致します。

 回答にかかる時間は、約15分です。回答は無記名ですので、個人が特定されることはありません。お答え頂いた内容は、研究の目的以外で使用することはありません。調査で得られた結果は、本プログラムの報告書や医療系の学会・雑誌などに発表する予定です。 最後に、この調査協力を通して、災害体験された状況を思い起こされ、不安感が生じたり、眠れなくなったりするなどのストレスが生じたときには、下記にご連絡ください。お話を伺うと共に、必要であれば専門職への受診等の対処法をお伝え致します。また、調査に関するご質問などがございましたら、下記までお問い合わせください。
 上記内容に同意し、Webアンケート調査にご協力くださる方は、以下の情報ページ毎の「アンケートに協力する」をクリックして下さい。


上記の内容に同意し、Webアンケート調査にご協力くださる方は、次へお進みください。

妊婦さんや子育て中のお母さん、ご家族の皆様への情報ページアンケートにご協力いただける方はこちらをクリック
妊産褥婦や新生児に関わる看護職の皆様への情報ページアンケートにご協力いただける方はこちらをクリック


災害の時期で探す
人で探す役立ちマニュアル
災害の時期で探す
災害の備え度チェック
アイとラビの「災害看護TV」
災害看護文献データベース
災害の備えメモガジェット
災害看護に求められる基礎能力(コアコンピテンシー)
ストリーミング看護研修
ストリーミング看護研修 動画を見る ストリーミング看護研修
   
ストリーミング看護研修
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.