災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:妊婦・産後編
医療施設でケアする看護職
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

被災した看護職の健康


看護者の皆さんも災害によるストレスや疲れから、心身に様々な反応が起こります。時には看護者としての役割を果たしたいという強い気持ちが生じ、一生懸命働きがちになります。また、被災体験の違いによる温度差から、人間関係にぎこちなさが生じたり、気疲れやいらだちを感じることもあります。

ストレス反応への対処として、誰かに話を聞いてもらうことや、休息をとることが大切だと言われています。勤務が終了したら、いったん仕事から離れ、自分を解放させましょう。

また、自分の被災状況によっては、被災者である自分を優先させて生活を考えていくことも大切です。一緒に働く人どうし、お互いを大切にしていきましょう。


 

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル 妊産褥婦偏一覧ページへ
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.