災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
看護ケア方略の開発研究部門:教育・訓練方法の開発プロジェクト(教育班)のご紹介
教育班のご紹介 ■活動レポート(活動のご報告) ■災害看護コアコンピテンシー 
動画配信(ストリーミング ムービー)紹介ページ 「いざ」という時のために
教育班メンバー紹介・連絡先

災害看護コアコンピテンシー
 
大項目 中項目 修正後の小項目
I.
姿
T-1.人間の尊厳と人権を重視する基本行動
1-1)災害時の人の生と死における個別的で多様な価値観・信条などを理解する
1-2)災害時に人の尊厳および人権を擁護して、行動できる
1-3)災害時における個人情報の収集と保護に関して理解する
T-2.災害時に専門職としての責任を認識するとともに自己の限界を自覚した行動を取ることができる(災害時の専門職としての責任認識)
2-2)自己の責任範囲を自覚し、専門職として判断し、行動できる
2-3)災害時に対応しうる自己の知識・技術および権限を認識し、またその限界を自覚して行動できる
2-4)災害時の支援に関わる人々の役割が理解でき、連携して行動する。
2-1)自分自身と家族の生命・健康や基本的生活を守ることができる
T-3.緊急時・災害時における特定法令を理解して判断・行動できる
3-1)災害時の国際法や国内法(法律・法令・条例など)を理解する。
3-2)災害援助に関する関係機関と協力して、行動する
T-5.被災者の意思決定を支える援助を行う
5-1)被災者の意思決定を支えるのに必要な情報が把握できる
5-2)被災者が意思決定を行えるように支援する
T-4.被災者の背景の多様性や個別性を理解して援助する人間関係を形成する
4-1)被災者の背景の多様性を理解する
4-2)被災者に援助する人間関係を形成する
4-3)被災者のニーズの変化に伴った支援を継続する
II.
II-1.災害に関する基本的な知識とアセスメント
1-1)災害についての基本的な知識を理解する
1-2)災害看護の定義を述べることができる。
1-3)災害時に必要とする情報収集を行い、ケアニーズについてアセスメントできる。
II-2.初動期の救命救急に必要な知識と看護ケア実践
2-1)個々の被災者の状況に応じた情報収集の項目と方法がわかる。
2-2)組織の役割を理解して、組織の一員として行動する。
2-3)災害直後の救命救急に関する知識をもち、基本的な看護技術を実施できる。
2-4)災害後の避難所における看護の役割と支援方法を理解する
2-5)災害後の心理的な影響を理解したうえで、被災者に対してかかわることができる。
2-6)災害時における遺体のケアを理解する。
II-4.災害準備期の知識と実践活動
4-1)県の防災対応について理解できる。
4-2)災害時の大学としての体制や備えについて理解できる。
4-3)災害時に備えて、個人として準備をしている。
II-6.遺族に対するケア
6-1)遺族に対するかかわりができる。
II-3.災害後の中・長期の知識と看護ケア
3-1)災害中・長期における被災者の心身の健康、日常生活、生活環境を理解できる。
3-2)避難所、仮設住宅、恒久住宅におけるケアニーズを理解できる。
3-3)災害時にケアニーズの高い人々へのケア活動について理解する。
3-4)災害後の中・長期における健康づくりについて理解する。
3-5)災害後における生活の場の変更に対するケア活動を理解できる。
II-5.災害時における心のケア
5-1)災害後の心理的な影響を理解したうえで、被災者に対してかかわることができる。
5-2)被災者の心身の健康、生活状態などから心のケアができる。
5-3)要援護者を早期に発見し専門機関につなげる必要性が分かる。
II-7.ケア提供者の健康保持
7-1)自らの身の安全を確保し、生活を整えることができる。
7-2)災害の状況に応じて、自己の二次感染予防に必要な備えをすることができる。
7-3)自らの能力を自覚し、限度を知って働くことができる。(災害時には無理をする傾向にあるので、適度な休憩をとる等ができる)
7-4)災害時における救援者自身の精神保健の重要性を理解し、自己のストレスマネージメントができる。
III.
III-1.災害時における妊娠・出産・産褥期にある母子と家族への援助
1-1)被災によって生じる妊産褥婦の心身への反応について理解し、援助を提供する
1-3)被災の状況を把握し、妊産褥婦がより整った環境で生活出来るように調整する
1-4)被災後の妊産褥期の母子の日常生活と健康に対する援助を提供する。
1-5)被災した妊産褥婦の家族への支援を理解する
III-2.災害時における子供とその家族への援助
2-1)子供の心身の特徴を踏まえて被災の影響を把握し、援助を提供する
2-2)被災状況の中においても子どもが日常性を取り戻せるよう環境を調整する
2-3)子どもの遊びや学習をサポートしてくれる資源や環境を調整する必要性を理解する
2-4)被災した児の家族への支援をおこなう
III-3.災害時における慢性疾患を持つ人と家族への援助
3-1)被災によって生じる慢性疾患を持つ人々の健康問題・日常生活への影響と、その援助について理解できる
3-2)被災後の医学的管理と受診への支援について理解できる
3-3)被災後の療養生活にかかわる資源の活用に向けた支援について理解できる
3-4)被災した慢性疾患を持つ人々の家族への支援について理解できる
III-4.災害時における知的・身体障害を持つ人と家族への援助
4-1)被災によって生じる知的・身体障害を持つ人々の健康問題や日常生活への影響と、その援助について理解できる
4-2)被災後の医学的管理と受診への支援について理解できる
4-3)被災後の療養生活に関わる資源の活用について理解できる
4-4)被災した身体障害を持つ人々の家族への支援について理解できる
III-5.災害時における高齢者と家族への援助
5-1)高齢者の心身の特徴を踏まえて、健康障害の予防と健康生活を支援する
5-2)要援護・介護高齢者を支援する 
5-3)高齢者の家族を支援する
III-6.災害時における精神疾患を持つ人とその家族への援助
6-1)被災によって生じる疾病・健康問題に関連した影響を把握し、援助する
6-2)医学的管理と受診への支援を提供する
6-3)被災した精神疾患を持つ人々の家族への支援をおこなう
6-4)療養生活にかかわる資源の活用についての支援をおこなう
IV.
IV-1.地域の防災対策・災害対応に関する体制およびその中での保健・医療・看護の位置づけ・役割の理解
1)組織の構成や仕組みを理解する。
2)組織の中での看護職の位置づけや役割を理解する。
IV-2.災害時の適切な情報共有
2-1)災害時に重要な情報が何であるかを理解する
2-2)災害時に活用できる既存の情報源や情報共有のための手段を理解し活用できる。
2-3)情報ネットワークシステムを理解する
IV-3.災害時の地域の医療保健ニーズの把握
3-1)被災地で発生する医療保健ニーズに関する情報を集約する
3-2)被災地内外から提供される支援に関する情報を集約する
IV-4.被災地内外からの保健医療に関する支援の調整
4-1)被災地内外からの医療・看護支援を被災地のニーズに対応させて配置する
4-2)外部からの支援チームに支援提供に関わる情報を提供する
IV-5.被災者の生活支援のための体制づくり
5-1)被災者を支援するための専門職のチームづくりができる
5-2)福祉関係者、行政関係者、そのたNGO関係者等と、領域を越えた情報共有および情報交換のための体制づくりができる
5-3)被災住民の自治組織作りの支援ができる
5-4)要介護者・要支援者への支援体制づくりができる
5-5)被災者の健康維持・管理のための健康相談や個別訪問など、必要なケア体制を整備することができる
IV-6.勤務施設における災害時体制下での自己の役割の認識と適切な行動
6-1)自分が勤務する施設/組織の防災計画、災害時の体制と指揮命令系統を理解し、災害時の自分の役割を認識できる
6-2)災害対策本部や他部署と連携して、必要な報告・連絡・記録ができる
6-3)日常から非常時への、体制と行動の切り替えができる
6-3)マンパワーや資器材が不足する非日常的な状況下で、活動に優先度をつけケア提供のためのチーム体制を整えることができる(リーダーシップ)
6-4)ケアチームの限界を知り、必要時には他の支援を求めることができる
IV-7.災害時のケア体制の評価
7-1)災害時のケア体制の評価の必要性について理解する
V.
V-1.災害時の看護実践の報告と災害看護の知識の構築
1-1)災害時の自らの体験・看護実践をまとめ、報告する(他の人々と共有する)
1-2)災害時の自らの体験・看護実践から、看護としての課題を明確にする
1-3)災害時の看護実践から得られた課題や疑問の解決に向けた行動を起こす
V-2.継続的な知識の獲得と能力開発に向けた研鑽
2-1)災害時に備えて、自らの課題に気づき、新たな知識の獲得および技術の習得に向けた努力を続ける
2-2)災害時を想定した訓練の重要性を理解し、積極的に参加する

 
災害の時期で探す
人で探す役立ちマニュアル
災害の時期で探す
災害の備え度チェック
アイとラビの「災害看護TV」
災害看護文献データベース
災害の備えメモガジェット
災害看護に求められる基礎能力(コアコンピテンシー)
ストリーミング看護研修
ストリーミング看護研修 動画を見る ストリーミング看護研修
   
ストリーミング看護研修
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.