災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
自分のからだをよく知って痛みを緩和する
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

鎮痛剤がなくなったら?/鎮痛剤の保管方法は?


鎮痛剤がなくなったら?


薬剤が足りなくなる前にすぐに病院へ行きましょう。病院に行くことができる場合は、鎮痛剤の名前と投与されている量を書いたものを持参し、足りない分を処方してもらいましょう。災害時でも病院には、ある程度の薬のストックがあり、また緩和ケア病棟のある病院では、痛み止めに対して柔軟に対応してくれます。自分の地域に緩和ケア病院/病棟がどこにあるかを把握しておきましょう。緩和ケア病院/病棟については、日本ホスピス緩和ケア協会会員一覧で確認できます。(http://www.angel.ne.jp/~jahpcu/pcum.htm
また、自分から病院へ行くことができない場合は、他の人に頼んで薬をもらってきましょう。すぐに担当の訪問看護師や外来の看護師に連絡がとれる場合は、連絡してください。担当の看護師や医師に連絡がとれない場合は、ボランティアに依頼しましょう。その際に、どのような薬を飲んでいるかがわかるように非常袋に入れている投与されている薬のメモを渡してください。



鎮痛剤の保管方法は?


家で薬を保管するときには、薬を守るために空きカンに入れておいたり、ナイロン袋に入れて保管しておくとよいでしょう。水薬や貼布薬など薬の形状に合わせて、保管方法を医師や看護師と相談しておくとよいでしょう。

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.