災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
自分のからだをよく知って痛みを緩和する
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

痛みってナニ?


あなたが痛みを取り除く主体となりますので以下のような目標を持ちましょう。


@ 眠ることが出来る状態
A 安静にしていれば、痛みがない状態
B からだを動かしても、痛みが消えている状態


あなたが痛みについて話すことから痛みのコントロールが進んでいきます。
医師や看護師は、あなたの痛みの訴えにはすぐに対応いたします。中には、取り除くことが難しい痛みの種類もありますが、それを緩和するための積極的なケアや治療を受けることができます。

まずは、がんの痛みは取り除くことができる症状であるということを知り、痛みを取り除くことができることを理解しておいてください。


災害時の痛みの感じ方は変化する


災害に遭ったことによって、普段感じている痛みをいつもより強く感じることがありますが、痛みの閾値によるもので、からだの自然な反応です。また、心と身体はつながっており、片方が悪くなるともう一方も不調となります。このような反応は、人間として非常に自然なもので、家族や看護師など身近な人に気持ちを話したりすることで気持ちを持ち直したりすることができます。それでも気持ちが持ち直せないときは、薬の手助けや専門家に相談することができます。話したくなったら、そのときにあなたが話しかけられる看護師に声をかけてみてください。また、一時的に鎮痛剤の量を増やして痛みをとることが必要となってきます。災害時に痛みを強く感じたら、そのことをすみやかに医師や看護師に伝えてください。なお、痛みの感じ方に影響を与える要因には、次のようなものがあります。


痛みが強く感じる要因

痛みが弱く感じる要因
不快感
眠れない状態
疲労感
不安に思うこと
恐れ、怒り、悲しみ
うつ状態
退屈、うんざりすること
孤独感
痛み以外の症状が緩和されること
睡眠がよくとれること
人と分かり合えること
友人などとの語り合い
あなたにとって意味のある活動
リラックス
不安が少なくなること
気分がよいこと

(武田文和監訳(2003)トワイクロス先生のがん患者の症状マネジメント,医学書院,p18,表2.1.より一部改変引用)


災害に遭ったときには、薬剤では取り除くことができない要因が多くあり、ボランティアに話を聴いてもらったり、マッサージを受けたり、暖かい食べ物や人とのふれあいやリラックスすることによって、痛みは少しでも少なくなります。そばにいるボランティアに頼んでみましょう。

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.