災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
化学療法中の食事の工夫
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

食事は大切です-災害時であっても可能な範囲でバランスよく-


化学療法を受けている期間中、しっかり食べることは非常に大切です。その期間中に「しっかり食べること」のできる人は、副作用や感染症にも対処しやすくなります。また、からだが健康な組織をより早く再生できるようになります。
 「しっかり食べること」とは、からだに必要なすべての栄養素を含むバランスのとれた食事療法を意味します。これは、日頃の食生活にもいえることですが、いろいろな食品を、バランスよく食べることでさまざまな栄養素をとることができます(詳しくは別冊平常時版をご覧下さい)。災害時には入手できる食品や避難所で配給される食事内容に限界はありますが、困難な中でも、可能な範囲で摂取することが望ましいでしょう。

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.