災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
化学療法に取り組むには
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

引用文献


 

安藤正志,藤坂保仁,山中康弘,薬師寺聡美,今滝修,喜多川亮,安井久晃,中口智博,清水千佳子,堀明子,向井博文,川内伸哉,松本光史,河野勤,大西康,高橋秀徳,徳永伸也(2002).患者の「なぜ」に答えるがん化学療法Q&A,渡辺亨,飯野京子(編),医学書院
清水美津江,岡崎志保(2000).骨髄抑制とその対策〜重篤状態に陥る感染症,出血,貧血の予防と対策〜,がん看護5(6),460-466
Marilyn,J.D.,(1998)/大西和子(1998).がん化学療法の副作用対策−化学療法と放射線療法の副作用対策,パート1第二章 感染症:白血球数の減少(p87-90)、血小板数の減少(p101-103)、貧血(p159-160),照林社

 
 

参考文献

赤沢修吾,有吉寛,石谷邦彦、栗原稔,桜井雅温,佐々木恒雄,塚越茂(1996).がん化学療法の副作用対策・改定版,吉田清一(監),先端医学社

足利幸乃(2002).消化器外科ナーシング 2002年秋季増刊 正しく知りたいナースのための消化器がん化学療法と看護,第4章5骨髄抑制とそれに伴う症状(p152-158),メディカ出版

Arno mark,Hans van der Lelie,(2003).Is there still an indication for nursing patients with prolonged neutropenia in protective isolation?Anevidence-based nursing and medical study of 4 years experience for nursing patients with neutropen without isolation,European Journal of Oncology Nursing7(1),17-23

Shelton, B.K.,(2003).Evidence-Based Care for The Neutropenic Patient With Leukemia, Seminars in Oncology Nursing19(2),133-141

Smith,L.H.,Besser,S.G.,(2000).Dietary Restrictions for Patients With Neutropenia:A Survey of Institutional Practices,Oncology Nursng Forum27(3),515-520

Hood,L.E.,(2003).Chemotherapy in the Elderly:Supportive Measures for Chemotherapy-Induced Myelotoxicity,Clinical Journal of Oncology Nursing7(2),185-190

Bedell,C.,(2003).egfilgrastim for Chemotherapy-Induced Neutropenia,Clinical Journal of Oncology Nursing7(1),55-56,63
山本昇(1998).がん化学療法の副作用と対策,西條長宏(監),中外医学社

Rust,D.M.,Simpson,J.K.,Lister,J.,(2000).Nutritional Issues in Patients With Severe Neutropenia, Seminars in Oncology Nursing16(2),152-162

Linc,L.G.,Campbell,J.M.,Kinion,E.S.,(2001).Infections in Patients Receiving Cytotoxic Chemotherapy,MEDSURG nursing10(2),61-68

渡辺隆(2003).新しい有害事象対策 骨髄抑制−G-CSF適正使用ガイドラインを含む−,癌と化学療法,30(6),755-759



これまでパンフレットの作成に協力して下さった方々
滋野 みゆき  (元兵庫県立看護大学)
大塚 奈央子  (元兵庫県立大学)
牧野 佐知子  (元兵庫県立大学)
小林 珠実   (元兵庫県立大学)


21世紀COEプログラム
「ユビキタス社会における災害看護拠点の形成」
災害に備えたがん患者のケアパッケージB
化学療法中の副作用への対処
―感染・出血・貧血への対処―(第2版)

発行日 2007年3月1日
発行者 兵庫県立大学災害看護拠点
〒673-8588 兵庫県明石市北王子町13番71号
編集者 兵庫県立大学大学院看護学研究科21世紀COEプログラム
「ユビキタス社会における災害看護拠点の形成」
看護ケア方略研究部門 
がん看護ケア方法の開発プロジェクト
内布 敦子 荒尾 晴惠 坂下 玲子
沼田 靖子 川崎 優子 成松 恵

TEL (078)925−9435
Web Site http://www.coe-cnas.u-hyogo.ac.jp
E-mail atsuko_uchinuno@cnas.u-hyogo.ac.jp

本書は著作権法上の保護を受けています。
著作権所有者の許諾を得ずに無断で本書の一部又は全部を
複製・複写することは法律で禁じられております。
Copyright©2006 Graduate School of Nursing Art and Science and Research Institute of Nursing Care for People and Community (RINCPC), University of Hyogo. All Rights Reserved.

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.