災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
化学療法の副作用について
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

出血しやすくなっている場合

     
1 災害時の留意点  
     
  備えとして準備しておくもの

やわらかい歯ブラシ・口内洗浄剤・下剤・無菌ガーゼもしくは包帯・アイスノンなど

 

(1)

歯肉出血を防ぐために、やわらかい歯ブラシや口内洗浄剤を使いましょう。

(2)

避難所の食生活で食物繊維の摂取量が不足し便秘になった場合には、無理にりきんだりせず、下剤を内服しましょう。

(3)

できるだけ重いものを持ち上げたりするような力仕事は制限し、他者の協力を得るように心がけましょう。

(4)

怪我をしたり、体をぶつけたりする危険性のある行動は制限しましょう。

(5)

主治医以外の医師に、薬を処方してもらう場合には、「抗がん剤治療中であり、副作用として血小板が減少している可能性があること」をあらかじめ伝えてから、処方してもらいましょう。

(6)

怪我の部位からの出血や、鼻出血、血便などが止まらないようであれば、とりあえずアイスノンで冷やし、直ちに医師の受診が受けられるようにしましょう。

   
2 一般的留意点
(1)

歯ブラシは柔らかい物を使用する。血球数が正常範囲になるまでは、デンタルフロスの使用は避けましょう。

(2)

歯ぐきへの刺激を減らすために入れ歯はきちんとあったものを装着してください。

(3)

入れ歯をはずしたあとは、アルコール含有量の少ない口内洗浄剤を使ってすすぎ、口の中が乾燥して、出血の機会を増やすことのないようにしましょう。



(4)

歯の治療を受ける場合は、事前に担当医に相談しましょう。

(5)

鼻をかむ時は、静かにかむ。

(6)

重いものを持ち上げたり、腰から体をかがめたりするような負担のかかる動きは避けましょう。

(7)

排便時、強くりきみ過ぎない。排便コントロールをしましょう。便を柔らかく保ち、無理に(固いまま)排便しないようにすることが大事です。無理に出そうとすると、直腸のあたりの毛細血管が裂けて、痔になることがあります。りきめば、脳の周りの血圧があがり、他の出血の危険性まで高めてしまいます。日頃より消化の良い食事を心がけたり、便を柔らかくして定期的に排便があるように、下剤を使うのもよいでしょう。

(8)

絶対に必要な注射を除いて、あらゆる注射を避けましょう。注射をしてもらう場合も、血小板が減少していることを、注射する看護師や医師に必ず伝えましょう。

(9)

採血や静脈注射をしてもらう必要がある場合には、注射針が抜かれた後の出血を抑えるため、針を刺した箇所を少なくとも5分間圧迫しましょう。採血をしてもらう際には、駆血帯(腕をしばるゴム)を使わないように伝えましょう。

(10)

アスピリンやアスピリン成分を含む製品の使用は避けましょう。処方されたステロイド剤を服用するときには、必ず牛乳、食べ物、または制酸剤(例、マーロックス)と一緒に取りましょう。

(11)

高蛋白食品と飲み物を取り、生野菜は避けましょう。

(12)

ビールやワインも含めて、アルコール飲料は血液を固まりにくくするため、飲用を避けましょう。

(13)

皮膚に怪我をしないように十分に気をつける(過激な運動、刃物や工具の使用、電気かみそりや爪切りの使用、庭いじり等を避ける)。

(14)

体をぶつけたり、転倒したりしないように注意しましょう。

(15)

皮膚を強く掻いたり、こすったりしないようにしましょう。また、衣服やベルト、下着を着用する場合、きつく体を締め付けないようにしましょう。

(16)

むやみに薬を内服しないようにしましょう。 (鎮痛、解熱剤などには血小板の凝集機能 を抑制する作用のあるものもあります)

(17)

アイロンや調理の際に火傷をしないように気を付けましょう。オーブンの中に手を入れる際は保護手袋を着用しましょう。

(18)

けがをしそうなスポーツは止めましょう。

(19)

庭仕事や、とげのある植物のそばで仕事をするときは厚めの手袋をしましょう。

(20)

感染症の危険を減らすため、女性はタンポンよりも生理用ナプキンを使用しましょう。

(21)

性交の際には適切な潤滑油を使用し、激しく突くような動きは避けましょう。

     
命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.