災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
がんの化学療法を受けている人のためにTOP
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

災害時に、抗がん剤の副作用で食べることができなくなったら工夫できることはありますか?


避難所で行える工夫として以下にその方法を紹介します。


 
食事と一緒でなく、食事の1時間前と後に水分をとりましょう。水分は少しずつ頻回に取りましょう。
食べたり飲んだりはゆっくり行いましょう。
大きな食事を3回取るよりも、回数を多く、少しずつ取りましょう。
臭いが気になる時は、食事を冷たくするか、室温に冷まして取りましょう。
食欲のない時は、口当たりのよい、飲みやすいあっさりしたものが食べやすいようです。
水分の多い果物(メロン、りんご、みかんなど)、酢の物などが手にはいるようであれば、もらっておきましょう。
よく噛んで食べましょう。消化を助けます。
食後に座ってゆっくりしましょう。ただし、食後少なくとも2時間は横にならないで、少し上半身を上げて休むのがよいでしょう。
ゆったりした衣服を身に着けましょう。
吐き気がある時は、深くゆっくりと呼吸して下さい。
友人や家族と雑談したりして、気をそらしましょう。
リラックス法を取り入れましょう。
吐き気が通常、化学療法の最中に起こるようであれば、治療の数時間前は、食べることを避けて下さい。
甘いものや、油で揚げたものや、こってりした食べ物はやめましょう。
治療中ではなく、治療の前に、軽く食事をしましょう。
気になる臭いを避けましょう。例えば、食事の臭い、タバコの臭い、香水などです。これは、避難所ではむずかしいかもしれませんが、自分の状況を伝えて、できるだけ優先的に場所を確保できるようにお願いしておきましょう。
冷たい透明な飲み物を飲みましょう、透明なりんごジュースや、ぶどうジュース、炭酸のない清涼飲料水など、カフェインがないものをとりましょう。

もし、嘔吐が朝におこるのならば、トーストや、クラッカーのような乾いたものを起きる前に食べてみましょう。しかし、唾液が少ないために、口内炎やのどが痛い人はやめましょう。
ミントや、酸っぱいキャンディをなめてみましょう。ただし、口内炎やのどの痛みがある人は、酸っぱいキャンディはやめましょう。

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.