災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
代替・補完療法とどうつきあうか
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

代替療法とは、補完療法とは?


代替療法という使い方をするときは、「何かの代わりに(例えば医学的治療の代わりに)」という意味で用い、「医学に取って代わる」という意味になります。「補完療法」というときは従来の医学的治療に加えて「補足的に」他の療法も行うというときに用いられますが実際にはあまり区別されないで用いられています。
代替療法には、鍼、カイロプラクティック、マッサージ、東洋医学などが挙げられますが、現実には医学的治療を全く行わないで代替療法だけを行っている人はまれです。補完的に用いられる療法には、栄養補助食品、アロマセラピー、リラクゼーション、イメージ療法などがあります。
 このパンフレットでは、特に区別をせず代替・補完療法という言葉を用います。従来の医学的治療方法とは異なる考え方で提供される療養法で、多くは医療保険によって保証されていないものについて記載しました。

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.