災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
化学療法に取り組むには
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

参考文献


 

参考文献

マリリンドッド/大西和子(1998).がん治療の副作用対策―化学療法と放射線療法の副作用対策―,小学館

古畑智久、平田公一、山光進、木村弘通、佐々木一晃、秦史壮、白坂哲彦(1999).大腸がんにおけるLow-Dose CDDP/5-FU併用療法 癌と化学療法 26,(11) p.1554-1558

国立がんセンターホームページhttp://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/index.html


National Cancer Institute(1997), (1999). Chemotherapy and you.-a guide to self-help during cancer treatment-

National Cancer Institute. (2000). Understanding Cancer


田村和夫(2003). がん治療副作用対策マニュアル 南江堂


渡辺亨・飯野京子(2003). 患者の「なぜ」に答えるがん化学療法Q&A. 医学書院

内富庸介、明智龍男、岡村仁、久賀谷亮(2000)抗がん剤安全使用ハンドブック 臨床試験から実地医療まで 佐々木康網(編)6.抗がん剤治療と精神的支援(p.58-70)医薬ジャーナル社



これまでパンフレットの作成に協力して下さった方々
滋野 みゆき  (元兵庫県立看護大学)
大塚 奈央子  (元兵庫県立大学)
牧野 佐知子  (元兵庫県立大学)
小林 珠実   (元兵庫県立大学)


21世紀COEプログラム
「ユビキタス社会における災害看護拠点の形成」
化学療法に取り組むには(第2版)

発行日 2007年3月1日
発行者 兵庫県立大学災害看護拠点
    〒673-8588 兵庫県明石市北王子町13番71号
編集者 兵庫県立大学大学院看護学研究科21世紀COEプログラム
「ユビキタス社会における災害看護拠点の形成」
看護ケア方略研究部門 
がん看護ケア方法の開発プロジェクト
内布 敦子 荒尾 晴惠 坂下 玲子
沼田 靖子 川崎 優子 成松 恵
     TEL (078)925−9435
     Web Site http://www.coe-cnas.u-hyogo.ac.jp
     E-mail atsuko_uchinuno@cnas.u-hyogo.ac.jp
      
本書は著作権法上の保護を受けています。
著作権所有者の許諾を得ずに無断で本書の一部又は全部を
複製・複写することは法律で禁じられております。
Copyright©2006 Graduate School of Nursing Art and Science and Research Institute of Nursing Care for People and Community (RINCPC),

University of Hyogo. All Rights Reserved.
命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.