災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
化学療法に取り組むには
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

化学療法の成果をどのように判断するのですか?


治療の効果を医師や看護師が判断するには、いくつかの方法があります。あなたは、身体検査、血液検査、スキャン、およびX 線検査を、頻繁に受けることになるでしょう。それらの検査の結果や経過について知りたい時は、遠慮せず医師にお尋ね下さい。
化学療法がどのように効いているのか、テストや検査から知り得ることはたくさんありますが、副作用から判断できることはほとんどありません。(吐き気や脱毛など、副作用は、化学療法が、正常な細胞にもがん細胞と同じように害を与えてしまうことから起こります。)
人によっては、副作用がなければ薬は効いていないと思ったり、副作用があるので薬がよく効いていると考えてしまう患者様がおられますが、副作用は、人により、または薬の種類により、非常に異なるので、副作用の有る無しが治療の効果を示すサインにはなりません。
副作用がある場合、それらを取り除くようあなたができることはたくさんあります。医師と相談して、これらの問題に対する最善の方法を探してください。

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.