災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
化学療法に取り組むには
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

化学療法によってどのようなことができますか?


がんを治すことができなくても、進行を遅らせたり、転移を食い止めたり、痛みをとるための目的のために使われます。がんの種類や進行の度合いに応じますが、化学療法は次のような目的のために使用されます。

がんを治す。

がんが広がるのを防ぐ。

がんの成長を遅らせる。

元々の腫瘍からほかの部分に広がったがん細胞を殺す。

がんが原因とみられる諸症状を緩和する。―緩和ケアとしての化学療法です。

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.