災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:慢性病偏
災害にまけないために糖尿病の方へ
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

精神健康状態の変化


 災害1ヶ月後及び3ヶ月後、その他変化があると気付いたときにチェックしてみましょう。

記入年月日 
  ・ ・   ・ ・   ・ ・   ・ ・

1. 寝付けない・途中で目が覚める

       

2. 災害に関する嫌な夢を繰り返し見る

       

3. 気分が沈みがちである

       

4. ささいな音や揺れに過敏に反応しやすい

       

5. 人と話をする気にならない

       

6. イライラしやすい

       

7. 気分が動揺しやすい

       

8. 災害を思い出す場所や人をさけている

       

9. からだが緊張しやすい

       

10. 自分を責めてばかりいる

       

 


 大震災のような衝撃的な体験をした後に生じる、寝られない・感覚が過敏になる・意識しないのに体験が思い出させる・悪夢を見るなどの症状が・日常生活に大きな障害を引き起こすと精神医学的に心的外傷ストレス障害(PTSD)と言われ、それが強い場合は専門家への相談が必要となります。チェックリスト10項目中6項目以上チェックが入るとPTSDを引き起こす可能性があるといわれています。受診する前にチェックし、主治医、看護師にお見せ下さい。 つらい時は誰かに話そう
 
命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル 慢性病偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.