災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:こども偏
入院している子供たちを守るために【イメージトレーニング編】
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期
命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル こども偏一覧ページへ

チェックリスト


今日災害が起こったら・・・・・あなたは子ども達を守る術をお持ちですか?


勤務前の3分間シミュレーション
今日、勤務病棟で災害が発生したことを想定し、 子ども達を守る方法をシミュレートしてみましょう。

 


1.現在の勤務・患者の状況

 今の勤務帯の看護師の数は   人
 今日の勤務者
 患者数   人
 付き添っている家族   人   何号室
 救急カートの場所
 安否確認表をリーダーは持っているか
 


2.子どもの避難

すぐにかけつけなければならない子ども  
 何号室 誰
 今日の状態は
 避難させるときに必要となる物品は
搬送が必要な子ども
 看護師一人で搬送が可能か
看護師が誘導する必要がある子ども
声かけや誘導があれば自力で避難できる子ども
感染防止を考慮した避難方法
 感染症の子ども
 易感染症の子ども
 非感染症の子ども
 


3.病室での確認

すぐに切り替わる必要があるME機器の電源は非常電源に接続されているか
充電チェック
 最近のメンテナンス日    月   日
子どものベッドサイド
 
  マスク
  毛布
  バスタオル
  上着
  落下・転倒しそうなものはないか
病室を塞ぐようなものを出入り口に置いていないか
 


4.平常時に確認しておく項目

酸素ボンベの場所 数 残量
中央配管(酸素・コンプレッサーエア・ガス)
  元栓の場所
  元栓の閉め方
非常電源を使用している機器
ME機器の充電チェック
  機器のメンテナンス日   月 日
  バッテリーの交換      月 日
  フル充電で何時間連続使用可能か
  停電によって設定がリセットされる可能性の機器はどれか
 


5.病棟内で決めておく項目

避難待機場所、避難経路
  複数確保
  その場所・経路にはものを置かない
退院・転棟・転院を想定した患者情報の提供方法
各病棟に必要な項目
  あなたが働く病棟で必要な項目は何ですか???
 
 
 


お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.