災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
空
21世紀COEプログラム概要

兵庫県立大学 南裕子 副学長からのご挨拶 ■山本あい子 拠点リーダーからのご挨拶 
拠点形成の目的 ■期待される成果 ■学術・社会的意義 ■研究活動に関わる実績 
事業推進担当部署のご紹介 ■公募のお知らせ ■関連リンク


21世紀COEプログラム:期待される成果
 

5年後に期待される研究・教育の成果は6点です。

 
期待される成果
 
1. 常時稼動する情報連携システムが構築される
 
 

住民や看護専門職を含めた医療職が、災害への備えや発生後の医療ケア提供に必要な情報をITを介して入手することが可能となります。

 
2. 看護ケア方略が開発される
 
 

災害に対する備えや災害後の人々の健康生活再生のための看護ケア方略が開発され、地域の住民個々の災害に対する自己管理能力の向上に貢献できます。

 

 
3. 支援ネットワークが構築される
 
 

住民間や看護専門職間、或いはアジアの国間で、災害時の看護支援ネットワークが構築され、必要な情報の交流が促進されると同時に、災害時に即時的適切なケア提供のためのシステムとしても稼働します。

 
4. 国際機関との連携の確立
 
 

世界保健機構(WHO)との間にネットワークを構築し、WHO協力センターとして、世界的視野にたって災害時の人々の健康再生のための看護研究や教育を実施します。

 
5. 国際災害看護学会の設立
 
 

国際学会を設立し、この分野におけるネットワークの中心的存在となります。

 
6. 人材が育成される
 
 

修士課程では災害に強い看護スペシャリストが、また博士課程では災害看護学の研究者が育ち、本構想が終了した後も、地域ケア開発研究所を基盤として、これらの人々が活動を維持していくことが可能になります。

 
 
空
災害の時期で探す
人で探す役立ちマニュアル
災害の時期で探す
災害の備え度チェック
アイとラビの「災害看護TV」
災害看護文献データベース
災害看護に求められる基礎能力(コアコンピテンシー)
ストリーミング看護研修
ストリーミング看護研修 動画を見る ストリーミング看護研修
   
ストリーミング看護研修
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.